そんなに受験は簡単なのか

この間必要なことを調べるためにぐぐっていたところあるサイトで

「看護学校受験なら3、4ヶ月前から過去問題をやれば大丈夫だよ」というアドバイスを発見しました。書かれている内容から考えると、まずこの人は大学受験の経験があるのではないか、また、センター試験で国公立を受験しているのではないかということです。このアドバイスは信用していいのでしょうか。

理由1 言い方からすると受験慣れしている。受験の経験がない人は不安です。

理由2 大学受験者の多くは私学文系です。たいてい数学は選びません。だいたい看護学校は数学があるのが普通です。気軽に受験できるのは数学での受験経験があるからと考えられます。

理由3 ここで意識されているのはおさらいです。つまり、彼女はもともと数学が解けるということです。

まあ、何が言いたいかというとこのアドバイスは高卒、大卒でも数学で受験した経験がない人には役に立たない、(英語はさておいても)むしろ、有害だということです。合格するためには自分を知ることです。能力がある人は自分で合格してください。

私が相手をしたい人は一から始めないといけない人です。自分の力が自分ではわからない人です。特に真剣に受験した経験のない人には受験だけでプレッシャーになります。また、実際に何人も見てますが、力がない子が幸運で合格しても専門学校の授業は高校とは違います。教えないわけではないのですが、高校のようには教えてくれません。その結果、自立しない人は不合格点をもらいます。

時間のない人余裕がない人には大変ですが、合格すること、入学してからついていくためには基本からやり直すことが最も近道になります。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする