自立のために資格を取りたいが 受験の経験がない金もない大人が受験をするためにはどうすればいいのか

自立のために学校で学び資格を取りたい人はどうすればいのでしょうか。

最初に言っておきますが
自分で出来る人は自分でやってください。

わたしが相手をしたいのは
受験の経験のない人や自力ではできない人たちです。

在職中にこんなことがありました。
卒業生が入学試験日の一月前にやってきて
過去問題を解くから教えてほしいと言うのです。
(わたしの知らない卒業生でしたが)

自分で問題が解けない子が一月前に過去問題を解いたところで合格できないことは考えるまでもないでしょう。
これって本当の話ですよ。

これは極端な話かもしれませんが。
職業柄こんな子を何人も見ています。

レベルの高い大学や専門学校を受験した経験のない子では
程度は違っても同じような考えをもっていることが珍しくありません。
試験前に過去問題をやって解き方を覚えれば何とかなると思っているわけです。
仕方ないから相手はしましたが。

じゃ、どうすればいいのか?
まず、現実を知らなければなりません。
わざわざ自分が受験して学校に通ってまで資格を取るのは
それだけ有利な資格だからです。

だから
簡単に入学でき簡単に技術が身につけられる資格なら
それはそれほど価値のある資格ではないのは当たり前のことです。
値打ちのある資格は簡単に取れないことを知らなければなりません。

考えれば当たり前のことでも
知らないということで
自分で矛盾に気づけないのです。

※そんなに医療受験は簡単なのか~合格するため、入学してからの修学のためには基本からが近道~

わたしは大人が自立するために医療の資格をとることを勧めています。
医療受験ための予備校もありますが
今の生活に余裕がない人が通えるぐらい安くはありません。
合格した後の学費・生活費を考えれば入学前に費用をかけたくないところです。

特に
就学するときに公的援助に頼らないといけない大人にとっては
(最近は子どもには受験塾の費用を援助する市町村もありますが)
大人は自己責任という考え方が強いので
受験勉強のために十分な援助をしてもらうことは難しいのです。

自分の現状に気づけば
まず、自分の相談に親身になって取り合ってくれて
問題を解決できる人を探すことから始めなければなりません。

わたしは母親ひとり親が自立するために医療の学校に入る手助けをすることを志しました。
受験の経験がなく金もない大人が自立のための資格を取るのを手助けしたいからです。

特に
入学試験のためのトレーニングは当然として
・学費・生活費の資金計画
・受験準備中のスケジュール管理
・受験のさまたげになるよろず問題解決
も含めて手助けしたいと考えています。

ただし
有料の公益事業として考えています。
それでも
合格報酬で無理なく払える範囲でと考えています。

※わたしが母親ひとり親の手助け事業をする決心した理由 私が手助けを有料で合格報酬でするワケ1

自立の志はあっても
受験経験もなくどうしたらいいかもよくわからない人は是非一度相談してください。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする